ヨウキヒザクラ

サトザクラの一品種。花は八重で4月下旬ころ咲き、花びらは淡紅色であるが先端は濃紅色。奈良興福寺の僧玄宗がめでたことからの名といわれています。