ウコンザクラ

江戸中期以前に人の手によって作られた品種と考えられています。花弁が香辛料で知られるウコン(鬱金)に似た萌黄色になることからウコンザクラと名付けられました。

黄色い花を咲かせる唯一のサクラであり、清酒「黄桜」はこの花にちなみます。

開花は4月中旬から5月上旬 花の直径は3.5~4センチほどで、10~20枚の花弁が重なり合う八重咲きとなります。

開花と同時に展開する薄茶色の葉も花に彩を添えて美しい。

樹皮は灰褐色で光沢があり、樹齢を重ねると立体的な横筋が入ります。